賃貸物件の契約更新料って、もういらないのでは?

契約更新料は礼金代わり?

契約更新料は、地域によって慣習となっていたり、なかったりで、全国一律のものではないんですね。借り手としては、全国一律になくなってほしいところです。だって、借り手には何のメリットもないんですから。家主はこれを礼金代わりだと思っています。でも、人口減少で空き室率が増加し続けている昨今、礼金ゼロ物件も増えているじゃないですか。契約更新料なしっていうのも入居者を募るうえで、相当強みになりますよ。とらないことが当たり前になってほしいものです。

契約更新料で契約更新しても立ち退きを迫られる

契約更新料を支払って、新たに契約期間を設けても、その直後に立ち退きを迫られることなんて日常茶飯事です。契約更新は、それ以降の居住の権利となんの関係もないんです。礼金代わりだと思ってるんですから、契約更新直後の立ち退き要求も平気なものです。契約期間も、別に居住の権利とは関係ないので、設ける必要はないんですが、それでも設けるのは、契約更新料をとるためだけ、と言えるでしょうね。だから契約更新料は、借り手には何のメリットもないんですよ。

需給関係で決まるのが自然

慣習とか、前例とか、そういったものは需給関係の前には無意味、ってことになってほしいですね。現に、礼金ゼロ物件が増えてきています。入居者に、数か月間の家賃無料期間を設けたり、商品券をプレゼントしたり、かえって借り手に礼金を払うような流れができつつあります。でも、部屋が余っていてガラガラだったら、当たり前のことみたいな気もします。そもそも、たいていは支払う側が大事にされるものでしょう。これまでがむしろ、って思うのですが。

札幌の賃貸アパートは北海道の中では高いですが、中央区から離れた地区や、駅から10分以上歩く物件は相場よりも格段に安い場合が多いです。