賃貸住宅の退去者が出ると家主が喜んでいた時代は終わった

原状回復費用プラス礼金

まだ住宅不足が続き、賃貸住宅が貸し手市場だった頃は、退去者が出ると、家主は喜んでいたようです。原状回復費用は入るし、礼金も入る。長期間空き室になる心配なんてなかったですからね。しかし現在は、住宅余りの時代となり、空き室率がどんどん上がっていて、しかも新築賃貸物件が大量に供給され続けています。退去者が出るのは、喜ばしいことではなくなりました。空き室のまま、ずっと人が入らない可能性もおおいにあります。

家賃は高過ぎ。適正家賃に

新築の賃貸物件をつくった家主たちが、家賃保証会社から家賃の減額を示唆され、話題になっています。家賃の右肩上がりがずいぶん長い間続いていましたから、家賃が下がるなんて受け入れがたいことなんでしょう。でも、空き室は家賃の値下げで結構埋まるものです。この過渡期とも言える状況下で、不利益をこうむっているのが、長く同じ賃貸住宅に住んでいる住人でしょう。同じ集合住宅内の部屋に新しく入居した人の家賃は値下げされていますが、自分の家賃は高いままです。

引っ越してしまいましょう

入居者募集中の家賃が、適正家賃と言えるでしょう。市場原理からすると、デフレが30年近く続いて、家賃だけ高止まりだったのは、住宅不足が完全には解消していなかったからかもしれません。空室のまま放置していても、耐えられる家主が多かったせいもあるでしょう。現在は人口が減少し始め、住宅余りが加速しています。家賃が下がっていくのはごく当たり前のことです。高い家賃のところに、古い設備のまま住んでいることはありませんよ。

札幌市白石区の賃貸の魅力を理解するうえで、色々な物件の契約期間の長さや料金相場などを把握しておくことが良いといえます。