自分好みにしたい!注文住宅のメリット3選

自分好みにカスタマイズできる

何といっても自由度の高さが注文住宅の最大のメリットです。家の外観から内装までこだわりだしたらキリがないという点では選びづらい部分もあります。それでも一生に一度の大きな買い物なら自分好みにカスタマイズできる方がいいですよね。吹き抜けを作りたいと思っても分譲住宅では叶わない事も多く、キッチンに関しても決まった形状や機能から決める事が殆どです。特にこだわりの強い方は思い切って注文住宅も視野に入れて計画を練るといいですよ。

予算も自分の理想に近づける事ができる

分譲住宅の場合には決まった値段や決まった形状の外観や内装で購入し、会社によってはオプションを付ける事で金額が大幅に増す事があります。注文住宅の場合では、自分が予算を細かく決めていけるメリットがあります。自分好みにカスタマイズするとどうしても予算をオーバーしてしまいがちですが、相談をしながら減額を行い必要であれば設計の見直しを繰り返す事で納得のいく家を作る事ができます。また、会社によってはアンティーク資材を使用する方法などアドバイスをくれる事もあり、新築でありながら趣がある家を建てる事もできます。

現場チェックが出来るメリットがある

注文住宅の場合では自分の好きな時に現場に足を運んで建築中の家を確認する事ができます。どういった点を確認するべきかを知っていれば現場の監督に直接話を聞く事も可能です。また、重要ではない内装部分の変更に関しても変更可能な範囲で相談をする事ができるメリットもあります。ただし、基本的には設計内容や内装工事に関する最終確認をしてから建て始めるため、急な変更に対して高額な金額の上乗せが必要になる場合もあるので注意が必要です。

注文住宅とは、建て売り住宅とは違い自分で注文できます。部屋の数や壁紙、外壁など自分の好みにできます。